「子宮頸がん」啓発のシンボルとして、海外では、ティール&ホワイトリボンが使用されています。このブログは、「子宮頸がん」に関する正しい知識・情報の啓発のために開設しました。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.20
以前に紹介させていただいたのですが、
TWRでは昨年7月にTWRオリジナルマグネットを作成いたしました。

マグネット 2パターン

理事川上の愛車「トラちゃん」にも貼ってあり、
この前実際に事務局Kもトラちゃんと対面したのですが
マグネットと色合いがぴったりでとても可愛かったです♪

TORA


2012年2月15日 このマグネットを作成してくださった株式会社M'sDS様より
¥6,450のご寄付を頂きました。
インターネットで1枚販売につき100円をご寄付としていただいております。

ピンクハートバージョンはイベントでの直接販売限定になります。
またイベントで見かけたら是非お手にとってみてください♪

株式会社M'sDS様、またTWRの活動にご賛同いただきご購入いただいた皆様、
本当にありがとうございます!


事務局/K(ぴのこ)

2012.02.09
2月8日、子宮頸がん予防ワクチン接種補正事業について
第4次補正予算が決定し、厚労省HP内で報告されました。

2012年度子宮頸がんワクチン(サーバリックス、ガーダシル)の
助成事業を継続することも正式に発表されています。

2012年度中学校に入学する女子からが助成の対象になります。
(自治体によっては小学校6年生を対象としている場合もあります)


助成対象年齢の方は、各都道府県HPの実施要項等ご確認いただき、
再度ご検討ください。


事務局/K(ぴのこ)


2011.12.21
昨日厚生労働省健康局結核感染症課より
「子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進臨時特例基金の延長について」連絡が入り、
平成24年度においての13~16歳となる女子について
平成25年3月31日まで、ワクチン接種が延長となりました。

事務連絡
参考資料
平成23年度厚生労働省第四次補正予算(案)の概要


12月1日に当団体も内閣総理大臣、厚生労働大臣、参議院議長に要望書を提出し、
その後関係団体と連名で同内容を提出させていただきました。


このような良い結果に結びつき大変嬉しく思います。
ありがとうございました。




ティール&ホワイトリボンプロジェクト一同

続きを読む »

2011.12.09
見てください!!


クリスマスリース

事務所にこんな素敵なブリザーブドフラワーの
クリスマスリースが届きました♪♪


しかも、爽やかな香りがします…皆で癒され中です♪


これは以前にもTWRでブリザーブドフラワーの作成をお願いした
sweet lalaさんが作成し、送ってくださったものです。



飾った場所が事務局Kの席から丁度見える位置なので
疲れを感じた時にはリースを眺めて
一足早くクリスマス気分に浸りたいと思います。



sweet lalaさん、ありがとうございます♪


事務局/ぴのこ(K)
2011.12.09
11月4日に開催され、理事長河村も登壇した
静岡発 子宮頸がんセミナー」トークセッションの内容が
11月27日静岡新聞で掲載され、
ティール&ホワイトリボンプロジェクトについても掲載されました。

静岡新聞



静岡新聞 TWR


かなり大きくて嬉しいです!!


この記事にもあるのですが、
子宮頸がんは海外では罹患率・死亡率ともに減少しているのにも関わらず、
日本では増加傾向にあり、年間3500人、
言い換えると一日に10人の方が命を落としています。



理事長河村も結婚して2週間後子宮頸がん宣告を受けました。
子宮を摘発し、先のわからない人生に旦那様を付き合わせるわけにはいかない、
離婚するべきではないかとも考えたそうです。


「一緒に生きていこう」という旦那様の言葉もあり
今は静岡県庁で仕事もこなし、事務局Kがお会いする時は
いつも明るく活動的に見えるのですが、今も後遺症が続いています。



それらの経験を基に立ち上げた団体が患者会である「オレンジティ」と、
子宮頸がんの疾患啓発に特化した活動を行う
ティール&ホワイトリボンプロジェクト」です。


いつか子宮頸がんで命を落とす方、悩まれる方がいなくなることを願い
ティール&ホワイトリボンプロジェクトは
これからも日々啓発活動に取り組んでいきます。


事務局/ぴのこ(K)

















プロフィール

twrproject

Author:twrproject
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。