「子宮頸がん」啓発のシンボルとして、海外では、ティール&ホワイトリボンが使用されています。このブログは、「子宮頸がん」に関する正しい知識・情報の啓発のために開設しました。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

署名にご協力ください

2010.01.13
今日は、署名ご協力のお願いです。
子宮頸がん予防ワクチン接種の公費助成を求める署名にご協力ください!


『子宮頸がんと予防ワクチン』


海外より遅れて我が国でも子宮頸がんの予防ワクチンが承認さ
れました。今後、日本の医療環境に取り入れていく中での課題
や問題点、予防接種法改正との関係などについて、各立場から
ご講演頂きます。また、この予防ワクチンは現時点では任意接
種であり、3回の接種に合計で約5万円前後の費用が必要となり
ます。より多くの女性での接種が可能となるように、諸外国で
は国のワクチン政策に組み入れることが推奨されており、ほと
んどの先進国では接種費用に対し公費助成がなされています。
我が国においてもより多くの日本女性の健康を守るために、子
宮頸がん予防HPVワクチンの公費助成による負担軽減を求める
ことを提案し、賛同頂ける方の署名を集めて行きたいと考えま
す。


          土屋了介
         (国立がんセンター中央病院 病院長)
         (内閣府 規制改革会議 専門委員)


コチラから電子署名が出来ます。

★★★国立がんセンター中央病院院長主催講演会★★★

日時:2010年1月13 日(水)
   18:00-20:00
場所:東京都中央区築地5-1-1
   国立がんセンター中央病院
   管理棟1階特別会議室

参加無料、参加事前登録

***プログラム***
●「子宮頸がん予防ワクチンの普及にむけて」
 グラクソ・スミスクライン渉外部マネージャー  
 中村景子 


日本では毎年15,000人が新しく子宮頸がんに罹患し、3,500人
が亡くなっている。また、20代~30代のがんでは、死因の第一
位となっているのである。2009年10月に子宮頸がん予防ワクチ
ンが世界で99番目に日本で承認された。ワクチンと検診を組み
合わせることにより子宮頸がんの発症率、及び死亡率を約73%
減少することが示唆されている。しかし、ワクチンの普及に向
けては課題が多い。講演では、ワクチン普及に向けての課題の
整理と今後の展望について述べさせていただきたい。


● 「子宮頸がん予防HPVワクチンに関する政策決定に必要な
医学的根拠」
 自治医科大学附属さいたま医療センター産科婦人科教授
 今野良


子宮頸がんはがんの中で唯一、一次予防(ワクチン)と二次
予防(検診)を組み合わせて予防可能ながんになった。子宮頸
がん予防HPVワクチンは、WHOのposition paperをはじめへ世界
の多くの国や機関から、国のワクチン政策に組み入れることを
推奨されている。100カ国以上の国で承認され、約30カ国で公
費負担による12歳前後の女子に対する接種が行われている。ま
た、GAVIなどの援助によって最も経済的に恵まれない赤道周辺
の国々でも接種が始められている。子宮頸がんの発がんメカニ
ズムにおけるHPVの関与とHPVワクチンによる予防のメカニズム
、公費負担決定のためのモデリングを用いた医療経済学など、
政策決定者にとって重要な情報と根拠を提示する。いま、日本
が女性にやさしい国か否かが問われている。


● 「患者の立場から」
 らんきゅう*卵宮*患者会 
 穴田佐和子


20代で子宮頸がんになり、約半年の入院で手術・抗がん剤治療
・放射線治療を受ける。娘を持つ母として、経験者として、声
をあげることによって少しでも同じ苦しみを経験する女性が減
るよう願う。

● 総合討論
スポンサーサイト
コメント
No:8|承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/06/02 11:21|by -| |編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

twrproject

Author:twrproject
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。