「子宮頸がん」啓発のシンボルとして、海外では、ティール&ホワイトリボンが使用されています。このブログは、「子宮頸がん」に関する正しい知識・情報の啓発のために開設しました。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月27日 静岡新聞に掲載されました

2011.12.09
11月4日に開催され、理事長河村も登壇した
静岡発 子宮頸がんセミナー」トークセッションの内容が
11月27日静岡新聞で掲載され、
ティール&ホワイトリボンプロジェクトについても掲載されました。

静岡新聞



静岡新聞 TWR


かなり大きくて嬉しいです!!


この記事にもあるのですが、
子宮頸がんは海外では罹患率・死亡率ともに減少しているのにも関わらず、
日本では増加傾向にあり、年間3500人、
言い換えると一日に10人の方が命を落としています。



理事長河村も結婚して2週間後子宮頸がん宣告を受けました。
子宮を摘発し、先のわからない人生に旦那様を付き合わせるわけにはいかない、
離婚するべきではないかとも考えたそうです。


「一緒に生きていこう」という旦那様の言葉もあり
今は静岡県庁で仕事もこなし、事務局Kがお会いする時は
いつも明るく活動的に見えるのですが、今も後遺症が続いています。



それらの経験を基に立ち上げた団体が患者会である「オレンジティ」と、
子宮頸がんの疾患啓発に特化した活動を行う
ティール&ホワイトリボンプロジェクト」です。


いつか子宮頸がんで命を落とす方、悩まれる方がいなくなることを願い
ティール&ホワイトリボンプロジェクトは
これからも日々啓発活動に取り組んでいきます。


事務局/ぴのこ(K)

















スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

twrproject

Author:twrproject
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。