「子宮頸がん」啓発のシンボルとして、海外では、ティール&ホワイトリボンが使用されています。このブログは、「子宮頸がん」に関する正しい知識・情報の啓発のために開設しました。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイオンコロジードリームキャンペーン「希望のちから」

2011.05.24
先週末、マイオンコロジードリームキャンペーン
『ハリウッド映画「希望のちから」で考える私たちにできること』に参加してきました。


イベント中、題材にもある映画「希望のちから」を鑑賞するのですが、
この映画本当に感動です!!



★あらすじ

デニス(ハリー・コニック・Jr.)は乳がんの治療にすべてを捧げる医師。

彼は乳がん患者とその家族のためにいろいろなものを犠牲にしていた。

ある時は家族との団欒を犠牲にし、

ある時は治療薬開発の資金を得るために奔走し

多くの時間を乳がん治療の研究に時間を費やしていた。

その先にある乳がん患者の笑顔のために・・。


81bN8BatGxL__AA1500__convert_20110524152446.jpg





Her2蛋白が陽性の乳がんの患者さんに効く薬を
開発するまでの実話をもとにした映画なのですが、
臨床試験・治験の仕組みや、今自分が使用している薬品ができるまでに
大勢の方々の思いがあるということが良く分かりました。



その方々や、ご家族の方々の並々ならぬ苦労があって
今の医療が支えられているという
当たり前のことに改めて気がつくことができました。




2011年6月25、26日に大阪で開催される、
第3期ドリームキャッチャー養成講座内でもこちらの映画が上映されるそうです。


この養成講座は、日本におけるよりよいがん医療の実現を目指し、
がん医療に関わる理由、使命、夢を明らかにでき、自らのがん医療の夢の実現に努力し、
他の人々の夢の支援をできる人材の養成を目的とした講座です。


がん医療に興味をもち、一定の要件を満たす方であれば誰でも無料で参加できるそうなので、
ご興味をお持ちいただけた方は是非ご参加ください。


詳細はこちらからご覧いただけます。


事務局/ぴのこ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

twrproject

Author:twrproject
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。